• ホーム
  • 千葉のクリニックで神経性うつ病を引き起こす性病を治療

千葉のクリニックで神経性うつ病を引き起こす性病を治療

2019年07月16日
患者を診る医者

性病は性交渉を原因として感染する性感染症全般をさします。
性行為をすることのある方ならどなたでも性病のリスクがあり、千葉県などは若い方の性病の罹患率が増加していることが問題になっています。
早期からの性病の知識や予防法の周知が大事になっているのです。
千葉の病院ではさまざまな性感染症の患者が受診されますが、特に性器ヘルペス、口唇ヘルペス、性器クラミジア、咽喉クラミジア、淋病や梅毒などの性感染症が多く見られます。
性感染症は性器付近のかゆみや痛みだけでなく、全身の倦怠感や発熱を引き起こしたり別の病気の引き金にもなってしまう軽視できない病気です。

特に千葉のクリニックでは性感染症にかかったことによるストレスで神経性うつ病になってしまうケースもあり、精神的なケアも必要になっています。
神経性うつ病は強いストレスなどが原因で脳へのセロトニンの分泌が減少してしまい起こる症状です。
そのため性感染症とともに神経性うつ病になったら抗生物質などの性病に関する薬と同時に抗うつ薬などを処方されることもあります。
自己判断で服用を中止するのではなく、医師と相談の上飲み続けることが大事になってくるのです。
また梅毒などは重病化することで神経系統にも影響を与えるので判断力、記憶力の低下、怒りっぽくなるなどの神経性うつ病に似た症状が出るケースもありますので早期の治療が必要になります。

まずは性感染症にかからないように予防法をしっかりと知って実行することが大切です。
不特定多数のパートナーとの性交渉はこうした性感染症のリスクを増大させてしまいますので避けて、特定のパートナーとのコンドームを使用した性行為を心がけることが大切です。