記事一覧
熱っぽさが初期症状であるhiv感染症は治療困難な性病

エイズは今でも治療の困難な性病です。 人がエイズにかかるのは、hivウイルスの感染によります。 残念ながら、エイズは多くの人の命を奪ってきました。 しかし、エイズそのものが死の直接の原因ではありません。 このウイルスは、人体の免疫機構を崩壊させます。 それにより、人体は様々な病原体(ウイルスや菌類、バクテリアや寄生虫など)から自らを守ることができなくなり、それらを原因とした病気にかかりやすくなります。 いずれはいくつもの病気にかかり、それがその人の命を奪うわけです。 hiv感染症には、その経路がいくつかあります。 その1つは、hivウイルスに汚染された血液(輸血や血液製剤)による感染です。 かつては、血友病患者に非加熱の血液製剤が投与され、ウイルスを感染させてしまうケースもありました。 とはいえ、近年では、献血者からの血液にhiv反応がない場合でも、それを加熱処理してから利用しますので、このリスクは以前よりは低下しています。 一方、感染経路としてかなりの割合を占めるのが、hiv感染症である人との性的な接触です。 エイズが性病の1つとみなされるのは、こうした理由によります。 もちろん、相手がhiv感染症であるのを承知の上で、わざわざ性病にかかるリスクをおかしてまで性行為をしたいと思う人はまずいないでしょう。 とはいえ、hivウイルスの感染からエイズ発症に至るまでには、数年から十数年にわたる潜伏期間があります。 その間、自分がhivの感染者であることに気づかないまま誰かと性関係を持ち、相手にもウイルスを感染させてしまう可能性があるのです。 もしも自分がエイズかもしれないと不安を持ったら、HIV検査で不安を取り払いましょう。 エイズの初期には次のような症状が見られる場合があります。 すなわち、長期にわたり体がだるい、体が絶えず熱っぽい、下痢が続く、体重が減ってゆく、皮膚や粘膜に変色して治らない、絶えず咳が出る、原因不明の出血がある、などの症状です。

2019年09月24日
若年性アルツハイマー病の原因は性病?治療と検査の料金

今までにも若年性アルツハイマー病の患者はいましたが、急に増えてきたのは最近です。 その背景には、性病に罹患する若者が増えたことがあります。 若年性アルツハイマー病の原因の一つに、性病があげられます。 若年性アルツハイマー病になると、脳の神経細胞が壊されて、脳が萎縮して正常な機能が失われます。 アルツハイマー病は通常45~65歳に多く発症する症状で、高齢になるほどリスクが高くなると言われています。 しかし、近年では発症年齢が低年齢化しており、早い人だと18歳から症状が出てくることもあります。 若年性アルツハイマー病が怖いのは、高齢者の症状よりも進行が早い所です。 また、女性の方が罹患率が高いと言われています。 性病の治療の料金は、検査料金が事前に把握しづらいというデメリットがあります。 1.病院で検査を受ける、2.保健所で検査を受ける、3.性病検査キットを使う、という3つの方法がありますが、それぞれ料金が異なってきます。 1.の場合には、診察代(初診810円、再診210円)+検査費用+薬代で、保険適用ならば合計5千円~1万円、保険非適用ならば合計1万5千円~3万円が相場です。 2.の場合には、全国の各保健所で無料で行っています。 ただし、検査結果がわかるまでに2週間ほどかかる、人数制限がかる、検査内容が保健所によって異なる、などの注意点があります。 3.の場合には、単品検査ならば3~5千円、複数検査ならば5千円~2万円、カップル検査ならば1万円~3万3千円かかります。 まずは性病の検査を受けないことには治療が受けられません。 検査から治療までを考えると、性病検査キットを使うのが一番コストパフォーマンスが良いです。

2019年08月30日
渋谷の性病治療のクリニックと感染症の予防の知識

渋谷という地域には、性病の治療に特化したクリニックが多数あり、性行為を通じて感染する様々な疾患のケアを提供しています。 これら性病の治療を受ける場合は、泌尿器科や皮膚科などで診察を受ける事が一般的です。 しかし、渋谷区には性病に特化したケアを提供している医療機関も多く、これらの感染症の治療に加え、再発の防止などにも取り組んでいます。 また、渋谷区には駅のそばに性病の専門的な検査を行ってくれるクリニックなども数多くあります。 これらのクリニックは駅から徒歩でのアクセスも簡単で、手軽に性病の検査を受けられることから、多くの方に利用されているのです。 性病の場合は、感染が明らかになる皮膚表面への発疹などが出れば、早急にケアに取り組むことができますが、感染初期にウイルスの活性度が低く、身体の抵抗力の低下と共に発症が明確になるようなケースでは、発見とケアが遅れてしまいがちです。 そのため、第三者に感染させてしまう確率も高まりますので、感染症の予防には定期的な検査を受ける事が重要です。 とりわけ、性病の中には性行為だけではなく、唾液が感染経路となるものや、母子感染など、その感染経路が多種多様です。 そのため、個々で予防を徹底していても、何らかの原因で性病に感染してしまうケースも多く見受けられます。 具体的には、公共の施設の利用で、他人の使用した便座を共有するような行為は回避する事が困難になる感染経路です。 そのため、予めこの感染症の知識を身に付け、感染する可能性の高い行為を避ける事が重要です。 しかし、万が一、これらの性感染症にかかってしまった場合は、早急に専門のクリニックを受診して、症状の重篤化を防ぐと共に、拡大を阻止するためにも適切なケアを受ける事が大事です。

2019年08月02日
千葉のクリニックで神経性うつ病を引き起こす性病を治療

性病は性交渉を原因として感染する性感染症全般をさします。 性行為をすることのある方ならどなたでも性病のリスクがあり、千葉県などは若い方の性病の罹患率が増加していることが問題になっています。 早期からの性病の知識や予防法の周知が大事になっているのです。 千葉の病院ではさまざまな性感染症の患者が受診されますが、特に性器ヘルペス、口唇ヘルペス、性器クラミジア、咽喉クラミジア、淋病や梅毒などの性感染症が多く見られます。 性感染症は性器付近のかゆみや痛みだけでなく、全身の倦怠感や発熱を引き起こしたり別の病気の引き金にもなってしまう軽視できない病気です。 特に千葉のクリニックでは性感染症にかかったことによるストレスで神経性うつ病になってしまうケースもあり、精神的なケアも必要になっています。 神経性うつ病は強いストレスなどが原因で脳へのセロトニンの分泌が減少してしまい起こる症状です。 そのため性感染症とともに神経性うつ病になったら抗生物質などの性病に関する薬と同時に抗うつ薬などを処方されることもあります。 自己判断で服用を中止するのではなく、医師と相談の上飲み続けることが大事になってくるのです。 また梅毒などは重病化することで神経系統にも影響を与えるので判断力、記憶力の低下、怒りっぽくなるなどの神経性うつ病に似た症状が出るケースもありますので早期の治療が必要になります。 まずは性感染症にかからないように予防法をしっかりと知って実行することが大切です。 不特定多数のパートナーとの性交渉はこうした性感染症のリスクを増大させてしまいますので避けて、特定のパートナーとのコンドームを使用した性行為を心がけることが大切です。

2019年07月16日
難病、急性血小板減少性紫斑病と性病感染者数の男女比

急性血小板減少性紫斑病は、血小板が減少して出血の危険が高まる病気のことで、国が指定する難病の一つとなっています。 基礎疾患や原因薬剤の関与が見られずに、血小板の数が少なくなって、出血症状をひき起こす病気なので、発症メカニズムの解明が進んでいません。 血小板以外の赤血球や白血球には、問題となるような異常はみられません。 急性血小板減少性紫斑病を治療する目標は、出血を防ぐことに最大のポイントが置かれています。 血小板数が5万/μL以上であれば、一般的には出血の危険はないと考えられますので、定期的に血小板数と出血症状を対比させながら、その経過を観察することとなっています。 急性血小板減少性紫斑病は6ヶ月以内に治癒するのですが、これが慢性型となると、症状が6ヶ月以上続くことになります。 約9割の患者は、わりに短い期間で自然治癒します。 後の1割が、慢性型へと移行していきます。 そして、慢性型のうち、9割ほどの患者は、薬物治療によって、完治の可能性が開けてきます。 さらに残りの1割、つまり全体の1%は、難治性となります。 性病の感染者の男女比率を分析してみますと、HIV感染者、およびエイズ患者の場合は、年齢層を問わず、男性感染者が圧倒的に多いです。 感染に至る経過を見ますと、男性同士の性的交渉によるものが多いところから、男性の感染者が多くを占めるわけです。 同じ性病でも、クラミジア感染症となりますと、10代と20代の若い女性に多いとの結果が顕著に出ています 同様に、性器ヘルペスも若い女性に多発する性病です。 20代と30代の女性に集中しています。 そして、免疫力が低下する60歳以上の高齢者にも多いとの結果が出ています。

2019年06月16日
主な性病の種類と潜伏期間

性病には様々な種類があります。 多くの疾患がありますし、男女によって罹りやすさや症状の出方が異なっているのも特徴的な物が多くなっています。 その中でも有名なものとして、クラミジアがあります。 男性の場合は排尿時痛や尿道からの膿の排出が、女性の場合は下腹部痛や発熱が見られる疾患で、妊娠にも大きく影響するものです。 クラミジアの潜伏期間は一週間から三週間程度と言われており、早期に出現する疾患です。 また、三週間程度で症状が出る物には梅毒があります。 これは感染部位の発疹症状が見られる事で知られています。 治療には主にジスロマックなどの抗生物質が用いられます。 ジスロマックを通販で購入する方法もあるため、万が一クラミジアに罹った時のために先に入手することもできます。 その他の著名な性病としてあげられるのが性器ヘルペスです。 単純ヘルペスウイルスによる感染後、数週間で症状が出ます。 この性病の特徴として、感染部位の有痛性の小水泡があります。 これは痛みの強い水ぶくれにより強い疼痛が現れます。 男女で出る部位が異なりますが、口への感染も起こる疾患のため、性器以外の部分の感染予防が必要となります。 短期的に出る疾患として膣カンジダ症があります。 主な症状として、陰部の痒みがありますが、潜伏期間は二日から一週間以内と非常に早く出現します。 また、長期的なスパンで発症する疾患として、B型肝炎があります。 黄疸や全身倦怠感などを引き起こし、適切な治療を行わないと徐々に死に至る疾患ですが、潜伏期間は一ヶ月から半年程度となっています。 また、HIVウイルスの場合は数年から十年程度の潜伏期間の果てに、エイスを発症し、免疫機能を著しく低下させ、治療を行わないと死ぬリスクを生じさせる事でも知られています。 性病はその種類によって潜伏期間が大きく異なると言えます。 だからこそ、適切な予防行動や知識を身につけるようにしましょう。

2019年05月28日
性病検査キットを使って自宅で性病検査

性病というのは、特定の異性または同性との性行為や、風俗関連営業の性的なサービスなどを通じて、特定のウイルスや細菌、真菌に感染したことによって発症する病気です。 性病とひとくちにいっても、エイズ、淋病、カンジダ、クラミジア、ヘルペスなどのさまざまな種類があり、それぞれエイズウイルス、淋菌、カンジダ菌などといった、原因となる病原性微生物も異なっています。 そのため、症状が似通っているからといって、くわしく検査をしてみないと、どの病気であるかがわからず、有効な対策が打てないということもあります。 性病にかかった場合には、病院の泌尿器科、婦人科、性病科などの医師に相談して、適切な検査をしてもらうことがベストですが、まずは性病であるのかどうかを自宅で確かめてみたいというニーズもあります。 こうしたときに便利なのが、性病検査キットを使った性病検査という方法です。 このような検査キットは、インターネット上のウェブサイトによって専門の医療機器販売業者からかんたんに取り寄せることができます。 なので、まずは検査キットを自宅に郵送してもらい、綿棒などで患部の細胞を採取したり、血液、尿、おりものや性器からの分泌物などを採取したりして、これを検体として専用の容器のなかに詰め込みます。 検体を業者に郵送すれば、受け取った業者では顕微鏡による観察や遺伝子の解析などを行い、原因となっているウイルスや細菌を特定して、その結果を折り返し本人に回答します。 キットによって発見できる性病の種類は異なっていますが、冒頭に掲げたエイズ、淋病、カンジダ、クラミジアなどの主要な病気については、ほぼ網羅されており、こうしたキットで対応することが可能となっています。

2019年05月16日