Month: May 2019
主な性病の種類と潜伏期間

性病には様々な種類があります。 多くの疾患がありますし、男女によって罹りやすさや症状の出方が異なっているのも特徴的な物が多くなっています。 その中でも有名なものとして、クラミジアがあります。 男性の場合は排尿時痛や尿道からの膿の排出が、女性の場合は下腹部痛や発熱が見られる疾患で、妊娠にも大きく影響するものです。 クラミジアの潜伏期間は一週間から三週間程度と言われており、早期に出現する疾患です。 また、三週間程度で症状が出る物には梅毒があります。 これは感染部位の発疹症状が見られる事で知られています。 治療には主にジスロマックなどの抗生物質が用いられます。 ジスロマックを通販で購入する方法もあるため、万が一クラミジアに罹った時のために先に入手することもできます。 その他の著名な性病としてあげられるのが性器ヘルペスです。 単純ヘルペスウイルスによる感染後、数週間で症状が出ます。 この性病の特徴として、感染部位の有痛性の小水泡があります。 これは痛みの強い水ぶくれにより強い疼痛が現れます。 男女で出る部位が異なりますが、口への感染も起こる疾患のため、性器以外の部分の感染予防が必要となります。 短期的に出る疾患として膣カンジダ症があります。 主な症状として、陰部の痒みがありますが、潜伏期間は二日から一週間以内と非常に早く出現します。 また、長期的なスパンで発症する疾患として、B型肝炎があります。 黄疸や全身倦怠感などを引き起こし、適切な治療を行わないと徐々に死に至る疾患ですが、潜伏期間は一ヶ月から半年程度となっています。 また、HIVウイルスの場合は数年から十年程度の潜伏期間の果てに、エイスを発症し、免疫機能を著しく低下させ、治療を行わないと死ぬリスクを生じさせる事でも知られています。 性病はその種類によって潜伏期間が大きく異なると言えます。 だからこそ、適切な予防行動や知識を身につけるようにしましょう。

2019年05月28日
性病検査キットを使って自宅で性病検査

性病というのは、特定の異性または同性との性行為や、風俗関連営業の性的なサービスなどを通じて、特定のウイルスや細菌、真菌に感染したことによって発症する病気です。 性病とひとくちにいっても、エイズ、淋病、カンジダ、クラミジア、ヘルペスなどのさまざまな種類があり、それぞれエイズウイルス、淋菌、カンジダ菌などといった、原因となる病原性微生物も異なっています。 そのため、症状が似通っているからといって、くわしく検査をしてみないと、どの病気であるかがわからず、有効な対策が打てないということもあります。 性病にかかった場合には、病院の泌尿器科、婦人科、性病科などの医師に相談して、適切な検査をしてもらうことがベストですが、まずは性病であるのかどうかを自宅で確かめてみたいというニーズもあります。 こうしたときに便利なのが、性病検査キットを使った性病検査という方法です。 このような検査キットは、インターネット上のウェブサイトによって専門の医療機器販売業者からかんたんに取り寄せることができます。 なので、まずは検査キットを自宅に郵送してもらい、綿棒などで患部の細胞を採取したり、血液、尿、おりものや性器からの分泌物などを採取したりして、これを検体として専用の容器のなかに詰め込みます。 検体を業者に郵送すれば、受け取った業者では顕微鏡による観察や遺伝子の解析などを行い、原因となっているウイルスや細菌を特定して、その結果を折り返し本人に回答します。 キットによって発見できる性病の種類は異なっていますが、冒頭に掲げたエイズ、淋病、カンジダ、クラミジアなどの主要な病気については、ほぼ網羅されており、こうしたキットで対応することが可能となっています。

2019年05月16日