Month: August 2019
若年性アルツハイマー病の原因は性病?治療と検査の料金

今までにも若年性アルツハイマー病の患者はいましたが、急に増えてきたのは最近です。 その背景には、性病に罹患する若者が増えたことがあります。 若年性アルツハイマー病の原因の一つに、性病があげられます。 若年性アルツハイマー病になると、脳の神経細胞が壊されて、脳が萎縮して正常な機能が失われます。 アルツハイマー病は通常45~65歳に多く発症する症状で、高齢になるほどリスクが高くなると言われています。 しかし、近年では発症年齢が低年齢化しており、早い人だと18歳から症状が出てくることもあります。 若年性アルツハイマー病が怖いのは、高齢者の症状よりも進行が早い所です。 また、女性の方が罹患率が高いと言われています。 性病の治療の料金は、検査料金が事前に把握しづらいというデメリットがあります。 1.病院で検査を受ける、2.保健所で検査を受ける、3.性病検査キットを使う、という3つの方法がありますが、それぞれ料金が異なってきます。 1.の場合には、診察代(初診810円、再診210円)+検査費用+薬代で、保険適用ならば合計5千円~1万円、保険非適用ならば合計1万5千円~3万円が相場です。 2.の場合には、全国の各保健所で無料で行っています。 ただし、検査結果がわかるまでに2週間ほどかかる、人数制限がかる、検査内容が保健所によって異なる、などの注意点があります。 3.の場合には、単品検査ならば3~5千円、複数検査ならば5千円~2万円、カップル検査ならば1万円~3万3千円かかります。 まずは性病の検査を受けないことには治療が受けられません。 検査から治療までを考えると、性病検査キットを使うのが一番コストパフォーマンスが良いです。

2019年08月30日
渋谷の性病治療のクリニックと感染症の予防の知識

渋谷という地域には、性病の治療に特化したクリニックが多数あり、性行為を通じて感染する様々な疾患のケアを提供しています。 これら性病の治療を受ける場合は、泌尿器科や皮膚科などで診察を受ける事が一般的です。 しかし、渋谷区には性病に特化したケアを提供している医療機関も多く、これらの感染症の治療に加え、再発の防止などにも取り組んでいます。 また、渋谷区には駅のそばに性病の専門的な検査を行ってくれるクリニックなども数多くあります。 これらのクリニックは駅から徒歩でのアクセスも簡単で、手軽に性病の検査を受けられることから、多くの方に利用されているのです。 性病の場合は、感染が明らかになる皮膚表面への発疹などが出れば、早急にケアに取り組むことができますが、感染初期にウイルスの活性度が低く、身体の抵抗力の低下と共に発症が明確になるようなケースでは、発見とケアが遅れてしまいがちです。 そのため、第三者に感染させてしまう確率も高まりますので、感染症の予防には定期的な検査を受ける事が重要です。 とりわけ、性病の中には性行為だけではなく、唾液が感染経路となるものや、母子感染など、その感染経路が多種多様です。 そのため、個々で予防を徹底していても、何らかの原因で性病に感染してしまうケースも多く見受けられます。 具体的には、公共の施設の利用で、他人の使用した便座を共有するような行為は回避する事が困難になる感染経路です。 そのため、予めこの感染症の知識を身に付け、感染する可能性の高い行為を避ける事が重要です。 しかし、万が一、これらの性感染症にかかってしまった場合は、早急に専門のクリニックを受診して、症状の重篤化を防ぐと共に、拡大を阻止するためにも適切なケアを受ける事が大事です。

2019年08月02日